• 私たちは、府中市生涯学習センターを拠点に、市、指定管理者と協働して、市民の 皆様の生涯学習を支援するさまざまなボランティア活動を行なっています

    Word文書に写真を挿入すると、より迫力ある文書になります。
    写真を挿入するには、Wordの「挿入」リボンの「画像」コマンドをクリックし、写真を指定します。すると、カーソルのある場所に写真が挿入されます。

    写真を挿入した状態では、写真の移動や大きさを変えることができません。これらを行うために、「文字列の折り返し」の設定が必要です。

    <「文字列の折り返し」の設定>

    • 挿入した写真をクリックし、写真が選択された状態にする(写真の外周に〇印が表示される)
    • 右上に表示されるアイコンをクリック
    • 表示されるメニュー内のボタンの1つをクリックすると、ボタンの機能に応じて文章と写真の配置が変わる
    • 写真を挿入した時点では、「行内」が設定されており、行と行の間に写真が挿入される
    • 「文字列の折り返し」欄のボタンをポイントするとそれぞれの機能が表示される。各ボタンの機能は下図の通り

    文字列の折り返しの設定を行うと、写真の移動や大きさの変更ができるようになります。

    • 写真の移動:写真が選択された状態(写真の外周に〇印が表示される)でドラッグ&ペースト(写真をクリックしたまま移動)する
    • 大きさの変更:写真が選択された状態で、4隅の〇印の1つにマウスを置くと斜め2方向の矢印が表示される。その状態でドラッグ&ペースト(クリックしたまま、矢印の方向に移動)する。
      (4隅以外の〇印で行うと、写真が縦横のいずれかに拡張/縮小され、縦横比が維持されない)