• 私たちは、府中市生涯学習センターを拠点に、市、指定管理者と協働して、市民の 皆様の生涯学習を支援するさまざまなボランティア活動を行なっています

    毎月支払うスマホの費用は、「電話料+通信料+スマホ端末代+オプション料金」です。この中で、通信料が大きなウエイトを占めます。通信料はスマホがやりとりするデータ量(通信量)に比例します。通常、通信各社は通信量の大きさ毎に複数の料金プランを用意しており、通信量が多いと高い料金プランが必要、少なければ、安い料金プランで済みます。

    通信量の単位はB(バイト)です。漢字1文字は2B。文字だけのメールや文書は「文字数x2B+α」の数KB(1KB=1,000B)程度です。写真は解像度等により異なりますが、1枚で5MB(1MB=1,000KB=1,000,000B)程度です。動画はたくさんの写真が連続しているので、はるかに大きくなります。例えば、YouTubeを25分見ると、3GB(1GB=1,000MB=1,000,000,000B)になると言われています。即ち、通信量を下げるには、多量の写真のやりとりや動画を見る時間を最小限に抑える必要があります。

    また、スマホとインターネットの接続には、通信会社を経由する方法以外に、Wi-Fiを使用する方法があります。ご家庭でパソコンを使用する場合、プロバイダ(インターネット接続会社)と契約し、インターネットを使用されていると思います。プロバイダから提供されているインターネット端末にWi-Fiルーターを接続することで、スマホからプロバイダを通してインターネットを使用できます。この場合、通信料は発生しません。このWi-Fiルーターは団地で用意していたり、コンビニやコルーターップ、交通機関等、様々な場所に設置されており、多くの場合、無料で使用できます。府中市の主要施設でもFUCHU City Free Wi-Fiが使用できます。これらのWi-Fi使用にあたり、費用の必要な場合やアカウントの登録を求められる場合があります。また、無料のWi-Fiは通信が暗号化されておらず、重要なデータのやりとりには使用しない方が無難です。